2017年10月30日 更新

頭皮ケアはアイテム選びが成功のカギ

お肌のお手入れが完璧でも、頭皮ケアって何をしたらよいのかわからないという方も多いのではないでしょうか?実は乾燥する秋こそ、お肌と同じくらい頭皮地肌のお手入れが必要です。今回は見落としがちな頭皮ケアの効果的な方法をご紹介します。

313 view

頭皮ケアは必須!顔にも影響する頭皮の荒れ

Free photo: Face, Portrait, Woman, Girl, Macro - Free Image on Pixabay - 274649 (2770)

頭皮ケアと聞くと、育毛効果や毛穴洗浄を謳うアイテムのイメージがありますよね?
しかし、それだけではないのです!頭皮のお手入れが影響するのは頭や髪だけではなく、なんと、顔のお肌にも大きな影響を与えています。

なぜ頭皮ケアがお肌と関係しているのか、その仕組みをみていきましょう。

1.顔のシワ、たるみの原因は頭皮にあり!?

私たち人間の体は1枚の大きな皮膚に覆われています。
もちろん、頭皮と顔の皮膚も、その1枚の皮膚の一部。

とりわけ、隣り合って接している頭皮と顔の皮膚は、お互いに密接に影響しあっています。そのため、正しい頭皮ケアは、健康で美しい肌づくりには欠かせないお手入れなのです。
thinkstock (2774)

頭皮も含めて皮膚は外側から、表皮、真皮、皮下組織の三層構造になっており、真皮には肌の弾力をキープするために網目状に張り巡らされたコラーゲンと、そのコラーゲンを支えるエラスチンや、水分を含んだゼリー状のヒアルロン酸で満たされています。

これらの成分が不足すると、保湿力が低下し、頭皮にもハリが失われます。
頭皮が弾力不足でたるんでしまうと、顔のシワやたるみの原因にもなるのです。
頭皮と顔の皮膚は運命共同体。頭皮のお手入れをすることで、顔も美肌になれるのです。

2.頭皮ケアは秋冬こそ必須!?

秋になると、抜け毛や、頭皮のかゆみを感じたり、フケが出たり、という頭皮の悩みをよく聞きます。
このようなトラブルの一因として、春夏に受けた紫外線や、冷房の風による頭皮の乾燥などが考えられます。

また、頭皮は体の中で最も皮脂や汗の分泌量が多い部位です。
一般的に、人間は全身で1~2グラムの皮脂が分泌され、そのうちの約60%は頭皮からといわれています。
thinkstock (2775)

そのため、毎日シャンプーしていても毛穴に汚れが残ることもあります。
秋は身体が冷え、空気も乾燥してきますので、血行不良や乾燥が起こりやすく、秋に症状が出やすいのです。

頭皮地肌が本来持つ保湿力を高めるには、ダメージを受けやすい夏時期からあらかじめ対策をすることが大切です。

しかしながら、毎日鏡を見て状態の変化に気が付きやすいお顔と違って、髪の毛に覆われている頭皮は、症状が出てから気が付く、ということが少なくありません。

こうなってしまってからではもう手遅れ?いえいえ、そんなことはありません!今からでもしっかりと頭皮ケアすれば、地肌の保湿能力は改善できます。

この春夏で受けた頭皮ダメージにお心当たりがある方は、今秋にリカバーして、健やかな頭皮としなやかでコシのある髪を取り戻しましょう。

頭皮を弱らせる意外な習慣

最近では、さまざま頭皮ケア商品が販売され、自宅で手軽に頭皮ケアができるようになりましたよね。
でもちょっと待って!当たり前ですが、保湿成分や栄養成分は、皮膚が健康な状態であればこそ、効果を発揮します。
不健康な状態では、いくら頭皮ケアをおこなったところで焼け石に水。

無駄な努力になってしまいます。

そこで、知らないうちにやってしまっている頭皮に良くない習慣を見てみましょう。
あなたはいくつ当てはまりますか?ひとつでも当てはまれば要注意!まずは生活習慣を整え、それから頭皮のお手入れを始めましょう。

・紫外線

thinkstock (2783)

紫外線は皮膚の真皮層まで到達し、肌の弾力性を保持しているコラーゲン繊維を破壊します。
また、新しい皮膚細胞を生み出す、表皮の基底層にもダメージを与えるため、ターンオーバーが正常にできなくなります。
お出かけのときは、日傘や帽子で紫外線対策を行いましょう。

・食生活

Free photo: Dessert, Strawberry, Tart, Berry - Free Image on Pixabay - 352475 (2787)

栄養の偏った食生活、特に脂っぽい食事や、砂糖いっぱいのお菓子の大量摂取は、腸内環境を悪化させ、老廃物が体にたまりやすくなります。
過度な飲酒もNG。肝臓の解毒機能が低下し、血行不良を招きます。

・睡眠

Free photo: Baby, Girl, Sleep, Child, Toddler - Free Image on Pixabay - 1151351 (2791)

私たちの肌は寝ている間にターンオーバーが行われます。ターンオーバーには、睡眠中に出る成長ホルモンが大きく関わっています。夜更かしは美肌の敵なのです。

・運動

thinkstock (2794)

適度な運動は血行を促進し、汗をかくことで老廃物が排出されます。運動不足は血行不良を引き起こし、皮膚のたるみ、シワの原因になります。

毎日の頭皮ケアの基本はシャンプー選びにあり

Free photo: Badesalz, Wash, Clean - Free Image on Pixabay - 1620261 (2804)

健康な髪は健康な地肌から!ということで、シャンプー選びと正しい洗い方は、頭皮ケアの9割を占めるといっても過言ではありません。

注目したいのは、界面活性剤の種類です。

「界面活性剤=悪いもの」というイメージがありますが、すべてが悪いわけではないのです。
水や油などの溶け合わない性質の境界線をなくす働きによって、毛穴の汚れを落とし、頭皮地肌を清潔に保つことができます。

しかし、洗浄力が強すぎると、必要な頭皮の油分まで取り除いてしまい、乾燥肌になってしまうのです。
シャンプーは界面活性剤の種類によって、大きく3つに分類されています。

・高級アルコール系シャンプー

thinkstock (2809)

鉱油や動植物油脂由来の界面活性剤が入っています。一般に販売されているシャンプーの多くはこのタイプ。洗浄力は強いのですが、皮膚に残ると毛穴をふさぎ乾燥肌の原因になるため注意が必要です。

・せっけん系シャンプー

gettyimages (2813)

脂肪酸ナトリウムなどから作られる界面活性剤を使用したシャンプー。洗浄力がかなり強く、洗い上がりは髪がゴワつきます。極度の脂性肌の人に向いています。

・アミノ酸系シャンプー

thinkstock (2815)

アミノ酸由来の合成界面活性剤を使っています。洗浄力は強くありませんが、頭皮への刺激も低く、敏感肌の方におすすめです。
Free photo: Shower, Douche, Bathroom, Clean - Free Image on Pixabay - 1027904 (2797)

そしてシャンプー選びと同じくらい大事なことは、よくすすぐこと。

どのタイプのシャンプーも、すすぎ残しは頭皮や髪のダメージにつながってしまいます。
もちろんトリートメントも。

流し切らない方が、効果が得られると勘違いする人もいますが、それは大きな間違いです。
しっかりとすすいで、健康な頭皮地肌とハリ・コシのある美髪を手に入れましょう。

頭皮ケアにおすすめのシャンプー

・マジックソープ/ドクターブロナー

ソープマイスターであるエマニュエル・ブロナー氏が独自に開発した自然派ソープです。マジックソープはこれひとつで、髪、顔、体と全身に使えるうえ、多くのオーガニック認定機関に認められた安心のオーガニック製品です。原液だと洗浄成分が強いので、水で薄めて使うのがおすすめ。使用後は人によって少しゴワゴワ感が残ります。

・スカルプケア モイスチャーシャンプー・コーマリカ/生活の木

スカルプケア モイスチャーシャンプー・コーマリカ | 生活の木 【公式】オンラインストア

3,240(税込)
ハーブ・アロマテラピーの専門店 生活の木 【公式】オンラインストア 通信販売(通販)。2500点を超える品ぞろえ。送料全国378円/3,780円以上で送料無料。代引き手数料無料!
インドの伝統医療であるアーユルヴェーダに基づいたアイテムが揃うアーユルライフシリーズの中でも人気の頭皮ケアアイテムです。スッとするメントール系の香りが特徴の、アミノ酸系シャンプー。

・Lシャンプー&Mシャンプー/メイクメリー

頭皮と髪のプロである美容師が開発したこだわりのシャンプー。95%以上、天然由来成分でできたアミノ酸系シャンプーで、頭皮の保湿をしつつ、しっかり毛穴洗浄できる優れものです。この1本でシャンプー・コンディショナー・育毛の3役をこなすので、忙しい人にぴったり。

・モエモエプレミアム/モエモエ

かわいい商品名ですが、あなどることなかれ!天然由来成分を配合し、ダメージヘアと頭皮ケアができる一挙両得のアイテムです。そしてなんといっても、モエモエの名前の由来となったハワイを連想させる、トロピカルな香りが魅力!汗の嫌なイヤなにおいを抑えて、イランイランやジャスミンなどの花の香りに包まれて女子力もアップすること間違いなし。

シャンプーミニ&コンディショナーミニセット(ノーマルヘア用)(その他ライフスタイルグッズ)|ecostore(エコストア)|ファッション通販|ウサギオンライン公式通販サイト

シャンプー (ノーマルヘア用) 【ベルガモット&オレンジ】、コンディショナー(ノーマルヘア用) 【ベルガモット&オレンジ】がお試しサイズでセットになった嬉しいプチギフトアイテムです。きめ細かい泡で髪に自然なツヤを与えサラサラな手触りに仕上げます。環境や肌に優しいとっておきのヘアケアセットは、父の日のプレゼントとしてもお勧めです!
筆者個人的には、ecostoreというニュージーランドのホームケアブランドのヘアアイテムがお気に入りです。

何故かと言うと
ニュージーランドにいたとき、日本の7倍とも言われる紫外線のせいで、髪が日焼けで無残な色に…。
シャワーの度にひくほどの抜け毛。

これはマズイと思って、ごく普通の高級アルコール系シャンプーをやめて、ecostoreのシャンプーに変えてみました。使用感は、ベルガモット&オレンジの香りが心地よく、洗いあがりはさっぱり。

ドライヤー後も髪がきしみません。驚くことに1週間ほどで抜け毛が減りました。頭皮&髪のタイプ別に商品展開しているので、帰国してからも手放せない頭皮ケアのマストアイテムです。

秋冬の頭皮ケアには保湿アイテムを投入

健康な頭皮地肌をキープするには、いつものシャンプーに加えて、保湿アイテムを取り入れるのがおすすめ。
そこで、この秋冬はぜひ自分でヘアオイルを作ってみませんか?作り方はいたって簡単。
材料もアロマグッズ専門店ですぐに手に入りますよ。
Free photo: Oil Discharge, Melons, Coconut - Free Image on Pixabay - 2794477 (2799)

■用意するもの

・キャリアオイル・・・50ml
  (アボカドオイル、オリーブオイル、ホホバオイルなどお好みで)
 ・エッセンシャルオイル・・・8~10滴
  (ネロリ、ローズ、ラベンダーなどお好みで。単体でも2,3種類ブレンドしてもOK)
 ・保存容器 (遮光ビンなど光をと通さず密閉できるもの)

■使い方

1 保存容器にキャリアオイルとエッセンシャルオイルを入れよく混ぜる
2 頭皮全体にオイルをもみ込むようにマッサージ
3 髪全体にもオイルをもみ込む
4 ラップかヘアキャップをかぶり、そのまま30分ほどなじませる。湯船につかりながら行うと、頭皮が温まり血行が促進されるため、オイルがより浸透します。
5 頭を水で濡らさず、手でよく泡立ててからシャンプーをする。
注意:オイルは水をはじきますので、あらかじめ手で泡立ててからシャンプーするとオイルの洗い残しがありません。

オイルの保湿効果でシャンプー中はもったりとした感じがするかもしれません。ドライヤーも髪に重量感がありますが、翌日は頭皮が保湿され、髪にもツヤが出ます。

頭痛もスッキリ!頭皮ケアマッサージ

○シャンプーしながらの頭皮マッサージが効果的!

Free photo: Head Spa, Este, Scalp Care - Free Image on Pixabay - 1741846 (2915)

頭皮の血行を促すために、ながらツボ刺激はいかがでしょうか?

シャンプーのついでに、たった5分の頭皮マッサージで、頭皮のたるみ防止、艶髪キープ、フェイスリフトまで叶えてくれます。

まず、指の腹を使って生え際から後頭部に向かってゆっくりともみほぐします。
爪を立てると頭皮が傷つくので気を付けて。

全体をマッサージしたら、頭頂を優しく5秒ほど押します。
一度指を離してもう一度、5秒。ここは万能のツボとしておなじみの百会というツボです。

二日酔い、疲れ目、鼻づまり、頭痛の改善、そして 脱毛予防にも効果的なツボと言われています。

もうひとつ、通天というツボも頭皮マッサージにおすすめ。
百会(天)への通り道という名前の由来の通り、百会から見て少しおでこ側にあります。脱毛予防のほかに、安眠効果も期待できますよ。

ネイルが気になって指でマッサージできない方は、シリコン製の頭皮ケアブラシを使ってみては?

筆者は無印のシャンプーブラシを愛用していますが、コスパ抜群でおすすめです。
DHCのスカルプクレンジングマッサージブラシ、DELMAREのヘッドスパブラシも1,000円前後で購入でき、お家で手軽にヘッドスパ気分が味わえますよ。

頭皮ケア-香りで安らぐおすすめアロマ

Free photo: Plastic Bottles, Diffuser - Free Image on Pixabay - 1080430 (2920)

自然の草花や果皮、樹脂などから香りの成分を取り出したものを精油(エッセンシャルオイル)といい、
その含有成分によって、心身にさまざまな影響を与えます。
その中から、保湿効果が高く頭皮ケアにもぴったりな精油をご紹介します。ハンドメイドヘアオイルにも使えますよ。

・ネロリ

thinkstock (2817)

ビターオレンジというミカン科の花から抽出される精油。保湿効果が非常に高く、細胞を活性化します。また、興奮と鎮静のバランスをとってくれます。

・カモミールローマン

thinkstock (2818)

ほのかにリンゴの香りがするフルーティーな精油。月経痛など女性特有のトラブルに作用し、抗炎症作用や保湿効果もあります。安心感を与える精油の代表格。妊娠中の使用は避けてください。

・ローズ

thinkstock (2819)

花の女王とも呼ばれ古くより親しまれてきたバラの花から抽出する精油です。愛と美の象徴の通り、老化・乾燥への保湿効果に優れ、アンチエイジングの効果も期待できます。

注意:精油は100%天然由来のものですが、高濃度に有効成分を含むため、原液での使用は控えてください。必ずキャリアオイルで希釈したり、無香料シャンプーやパック材に混ぜたりして、濃度を1%以下にしてお使いください。また使用前にはパッチテストを実施し、持病のある方、妊娠中の方は、使用前に医師に相談してください。
thinkstock (2821)

筆者は、アロマテラピーインストラクターとしての活動も行っているのですが、リラックス効果がある香りは何ですか?というご質問をよくいただきます。

しかし、人によって心地よいと感じる香りは違うため、これ、とはなかなか断定できません。

なぜなら、嗅覚は五感の中で唯一、大脳辺縁系という感情や本能をつかさどる部分と直接つながっていて、香りの感じ方は個人差が大きいからです。
迷ったときは、香りを嗅いだ瞬間の好き・嫌いという感覚を大切に選んでみてください。
お気に入りの香りに包まれれば、頭皮ケアタイムが一層楽しくなると思いますよ。
79 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

美容皮膚科の先生に聞く、肌荒れと乾燥性皮膚炎の違いと対策

美容皮膚科の先生に聞く、肌荒れと乾燥性皮膚炎の違いと対策

最近肌荒れがひどくなったり治りづらくなったと感じることはありませんか。肌荒れと思っている肌の不調は、もしかすると、乾燥性皮膚炎かもしれません。どうして、肌荒れと乾燥性皮膚炎が混在されてしまうのでしょうか。大阪美容クリニック 院長の南 真実子先生に聞きました。
乾燥と戦う肌へ。保湿のハーモニーを奏でよう

乾燥と戦う肌へ。保湿のハーモニーを奏でよう

乾燥は肌の大敵! 空気が乾燥している冬は、いつも以上に対策に余念がありませんよね。とはいえ、保湿したそばから乾燥していくのがこの季節。そこで、私自身が辿り着いた、乾燥が気にならなくなる保湿の三重奏ケアについてお話します。
木川誠子 | 226 view
【30代向け】40代ライターのスキンケアノウハウを全て伝授

【30代向け】40代ライターのスキンケアノウハウを全て伝授

20代の頃は意識しなかったけれど、30代になって肌の衰えを感じ始める人もいるのではないでしょうか?老化が進んでくる30代は、20代と同じケアのままでは肌に様々なトラブルが起こってくることが予想されます。そこで今回は、30代にターゲットを絞って美肌作りのためのメソッドを伝授します。
Rika | 847 view
【保存版】肌荒れ・肌悩み症例別、対策メソッド20

【保存版】肌荒れ・肌悩み症例別、対策メソッド20

10代は思春期ニキビ、ハタチを超えたら大人ニキビ、さらにはシミ、シワ、たるみ…。次から次へとお肌の悩みは尽きません。神様に「美肌をください」とお願いするその前に、肌トラブルの根本原因を徹底究明しませんか?今回はトラブル別に肌荒れ・肌悩み対策をなんと20メソッドも紹介しちゃいますよ!
Mayuko | 547 view
美肌のカギは、遺伝子にあり?!

美肌のカギは、遺伝子にあり?!

あまりお手入れをしてないのに肌がきれいな人がいますが、その秘密はどこにあるのでしょうか。その秘密を知るためには、細胞レベルで肌の状態を知ることができる肌の遺伝子検査が役に立つかもしれません。肌遺伝子に合わせた美肌ケアができるようになるかも。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Mayuko Mayuko