2018年1月24日 更新

【第1回】美肌・美腸・ダイエットは叶うか? 生スピルリナ体験記

「45歳、10ヵ月で35kgヤセた私の成功法則」の著者でもあるライター西園寺リリカが、体当たりで臨む「生スピルリナリアル体験記」。第一回目の今回は、ダイエット経験や美容取材をもとに、藻活やスピルリナに興味を持ったきっかけを語ります。

733 view

生スピルリナ体験をはじめるまで

 初めまして。美容ライターの西園寺リリカです。

 今回から、私の生スピルリナ体験をみっちり! リポートしたいと思います。

というのも、今年の美容・健康を振り返ると西園寺にとっては“藻活”は外せないキーワードの一つ。久しぶりに“良いものに出会った”納得感があって、今も継続できている唯一の習慣、と言っても過言ではない!

 というわけで私目線ではありますが、これまでの10ヵ月で35kg痩せた私のダイエット経験や美容ライターとしての取材を通して知った栄養のことなどを交え、生スピルリナをどんなふうに取り入れたか、どんな効果が実感できたのかなどをリアルに語りたいと思いますので、ぜひおつきあいくださいませ。
45歳、10ヵ月で35kgヤセた私の成功法則

45歳、10ヵ月で35kgヤセた私の成功法則

西園寺リリカ 著

サプリやスーパーフードって、ダイエットに本当に役立つの?

ダイエットは難しい…

ダイエットは難しい…

 ここ数年、スーパーフードが流行りましたが、目にしたことのない食べ物って、未知なる期待感がありますよね。自分の体を大事にできたようで気分もいいし、「痩せるらしい」なんて聞けば、体重が減ってスリムになった妄想を膨らませ。

 でも……。でもですね。いきなり腰を折るようですが、長年ダイエットに苦しんできた経験から言えば、サプリさえ飲めば痩せる、体重が減るなんて上手い話があるワケないのですよ。
こんなに種類がたくさん!スーパーフード

こんなに種類がたくさん!スーパーフード

 私は45歳のとき、10カ月かけて35kgの減量をしてようやく普通体型を手にいれたのですが、30代前半から15年間くらい、ずっと「太った人」でした(笑)。

 その間、数え切れないほどのダイエットサプリにも手を出しましたとも! 糖や油を追い出す系のものから、カロリーをなかったことにする系、足りない栄養を補う系、サプリで置き換えダイエットになる系まで……。

 サプリが悪いワケじゃなく、そういうものを“免罪符”にして、ハイカロリー&体に悪いものをたくさん食べていたから痩せられなかった、というのが今ならわかるけども、それ以来、サプリに対してあまり興味が湧かなかったのも事実で。
コラーゲンが肌に良いなんて、聞きはするものの…

コラーゲンが肌に良いなんて、聞きはするものの…

 美容ライターという職業柄、体の仕組みや栄養などがわかるようになったらなったで、ますます距離感が。「肌のためにコラーゲン」っていうけれど、食べて分解されちゃったらただのアミノ酸。それが肌に届いているかはノーベル賞レベルの科学者にもわからない(アミノ酸を摂ること自体は良いことだと思うけども)。

 一昔前に流行った酵素も同じ。イメージとしては酵素ドリンクとか酵素玄米とかを摂れば、ぐんぐん消化を促進してくれる感じがするかもしれないけど、酵素もアミノ酸の塊なので消化に直接働きかけてくれる力は残念ながら証明されてない。ってコトは、外から補給しても意味がないし、そもそも消化するための酵素はその食べたものに入っているのだから、自然界の仕組みはなんともうまくできてるのであ〜る。

 そういうことをつらつら考えた結果、特別にサプリなんか摂らなくても、栄養は普通に食べ物から摂ればいい、というのが私のスタンスに。と、前置きが長くなりましたが、その私がなぜ藻にハマって藻活をしているのか?をお話したいと思います。

ところで、藻ってなに?おいしいの? 

藻というと海藻のイメージがあると思いますが、今注目されている藻は、顕微鏡でしか見えないほどの小さな藻のこと。「微細藻類」と呼びます。いくつかあるのですが市場に出回っている主なものはこの4つ。
・スピルリナ
・クロレラ
・ミドリムシ(ユーグレナ)
・AFA(ブルーグリーンアルジー)
食品としてリキッド、パウダー、タブレットがあるほか、青汁に入っていたり、最近は美容成分として化粧品に入っているものもたくさん見かけるようになりました。

 一口に藻と言っても味も香りも働きもそれぞれで違いが。取材でAFAのタブレットを試したことがあるのですが、まるで水槽の匂いで思わずオエ〜(笑)。それもそのはず、AFAは熱帯魚のえさにも含まれているそう。もちろん、匂いを軽減するような加工がされているものもありますが、本来は独特の青臭い香りや酸味があるのです。
 種類によって、腸内環境改善作用、抗酸化作用、血糖値上昇抑制、コレステロール排出作用など、それぞれに期待できる作用も微妙に違うことが研究でわかってきているようです。

 共通の特徴として注目されるのは栄養価の高さ。例えばスピルリナの60%以上はたんぱく質で、βカロテン、水溶性食物繊維も豊富。ミドリムシは動物と植物の性質を持ち、DHA、EPAなどの不飽和脂肪酸が多く含まれています。このように藻の種類によって成分も使い勝手も違いはあるようですが、中でも私がスピルリナに注目している理由をまとめてみました。

“藻活”が価値あると思う4つの理由

1)お腹の調子が整うと、風邪も引きにくくなる!?

ヨーグルトがダメな私。

ヨーグルトがダメな私。

 そもそも私が藻活を始めたきっかけは腸活のために何かできないか?と思ったから。乳製品が体に合わない(即お腹をこわす)西園寺は、美人の3種の神器(?)であるヨーグルトもNG食材。果物は糖質が多いし、根菜類を食べすぎるとお通じが停滞気味になるので、基本は水溶性食物繊維を多く含む生野菜や海藻をなるべく意識的に摂るくらいしか手立てがない!

 お通じに良いと言われる納豆も本来は大好物なのだけど、お腹がゆるくなるのでパス。キノコ類も食べすぎるとたちまちお腹にくるので量に気をつけなくちゃいけないくらい、食べるものによってお腹の調子が不安定になるのが悩みドコロなのです。
納豆もあまり得意じゃない。

納豆もあまり得意じゃない。

でも、どうしよ…と考えていた時に藻活を知る!

スピルリナ(粉末とタブレット)

スピルリナ(粉末とタブレット)

 一方、藻は便秘がちな女性にも嬉しい水溶性食物繊維がたっぷり。効果実感については次回以降にご紹介するのでここでは省略しますが、いらないものをすっきり出して、腸をキレイにしておくことは“美と健康の軸”と痛感。体も軽やかだし、肌の色艶も体温まで違う! そして腸を整えることが大事なもう一つの理由は免疫力アップに欠かせない、ってことです。

“体のガードマン”として、悪いものがいないかパトロールし、必要に応じて外敵をやっつけてくれる免疫細胞。その多くは腸で作られるといいます。そのため、“腸は最大の免疫器官”とも呼ばれますよね。

 腸内には数百種類、600兆個もの細菌が住んでいて、種類や割合は個人差があるのですが、絶妙なチームワークによって、いらないものを排出したり、免疫力を強化したりしています。その腸内細菌のエサになるのが食物繊維で、中でも水溶性食物繊維は腸内細菌の好物。不溶性食物繊維は腸内のものをからめとって排出する役割がある一方、水に溶ける水溶性食物繊維は、不溶性食物繊維よりも腸内細菌が分解しやすいため、エサとして適任なのだそう。
腸内環境を良くすると…

腸内環境を良くすると…

 また、油がこびりついたパイプをキレイに掃除するような役割を持つ胆汁酸(肝臓のコレステロールから作られる)も脂肪やコレステロールを下げるために必要ですが、使い古した胆汁酸を排出し、新しく入れ替える作業も水溶性食物繊維が手助けをしているのです。

 このように、水溶性食物繊維を積極的に摂ることは、腸内細菌のバランスを整えてくれるし、お通じも良くなって太りにくい体になるし、体の抵抗力が上がって風邪も引きにくくなるし、といいことづくめ。そのため、腸の健康、ひいては全身の健康のためにスピルリナに期待しているのです。

2)たんぱく質不足の救世主!

スポーツトレーナーが言うには…

スポーツトレーナーが言うには…

 取材でスポーツトレーナーなどに話を聞くと、「日本女性はたんぱく質が圧倒的に足りない!」という言葉をよく耳にします。「いや〜、別にムキムキになりたいわけじゃないんですけど」と思ったけども、そうではなく、基本の量が足りてないらしい。

 女性にたんぱく質不足が多い理由の1つは痩せたい人が多いから。「肉はダイエットの味方」と言われて久しいけれど、それでも“肉抜き”をする人は後を絶たないと言います。まあ、かつては私も肉抜きダイエットの経験があるので、その女心は痛いほどわかります(笑)。
 もう1つの理由は(って2つあるけどw)、アミノ酸バランスと吸収率の問題。例えば、ダイエット目的じゃなくてもヘルシー志向で脂が多い肉を控えて豆腐とか豆とかの植物性たんぱく質に置き換える人は多いのですけど、9種類ある必須アミノ酸のバランスがよくないものもあったりします。

 また、肉をやめて魚にする人もいますが、魚のたんぱく質の吸収率は肉よりも低いので、そのぶん、たくさん量を食べないといけないという専門家もいます。例えば、1回の食事で焼き鮭なら2枚が適量らしい。う〜ん、2枚も食べられないかも……。
 
 というわけで、恒常的にたんぱく質が足りないらしいのですが、たんぱく質は体を構成する大事な栄養素。たんぱく質が足りないと確実に肌にきます! 
効果的なたんぱく質とは??

効果的なたんぱく質とは??

 私もたまにお腹の調子が悪くて、消化のいいものばかり食べざるを得ない時があるのですが、そうすると、一気にたるみが加速! 肌がどんよりくすんで、眠りも浅くなりがちです。
 
 その点、藻の中でも、特にスピルリナは60%がたんぱく質であることに加え、アミノ酸バランスに優れているのが高評価。さらに注目すべきは吸収の良さ。というのも、スピルリナは殻となる細胞壁がないので消化しやすく、細胞膜が厚くて硬いクロレラや細胞壁のあるケールなどよりも効率よく栄養が摂れると言います。
 
 年齢的に肉ばかりだと胃もたれするし、かといって大豆製品に偏るのも推奨派ではない西園寺にとってスピルリナは、卵と同じくらい肌と体の味方になってくれるたんぱく源として期待しているのです。

3)抗酸化は永遠のテーマ

アンチエイジングは大テーマ!

アンチエイジングは大テーマ!

 スピルリナの特徴として大きく言われているのが抗酸化です。人は生きている以上、どんどん酸化していくし、酸化=老化とも言えるので、抗酸化(=アンチエイジング)は若さを保つための有効な手段。

 抗酸化といえば、ポリフェノールを真っ先に思い描く人も多いかもしれませんが、ポリフェノールは決して特別なものではなく、すべての植物に含まれているってご存知でしょうか? アサイーなど、ポリフェノールが豊富な食べ物がスーパーフードとして注目されていますが、含有量に違いはあれど、今日、あなたが食べたサラダやお茶、冷蔵庫にある野菜や果物、スパイスにも入っているのです。豆腐のイソフラボンも緑茶のカテキンもポリフェノールの一種。
ワインにもポリフェノールはあれど…

ワインにもポリフェノールはあれど…

 ただ、こうしたポリフェノールは水に溶けやすく、即効性はあるもののすぐに体の外に出てしまうので、摂り続けなければ効果は期待薄なのも事実。呼吸をするだけで酸化は進むので、活性酸素との戦いはいわばモグラ叩き状態。もちろん、水溶性の成分も体には必要なのですが、ポリフェノールだけがんばって摂っていても若返りには程遠いのです。

 スピルリナに含まれている抗酸化成分は、脂溶性のβカロテンやビタミンE。そして特徴的なのは「フィコシアニン」という青色の色素の成分です。あの「ガリガリ君」のブルーもこの色素らしい(笑)!

 といっても、私がスピルリナに注目しているのは、単に抗酸化成分が豊富だからに非ず。ビタミン、ミネラル、たんぱく質、食物繊維、そしてこの植物性色素など60種類以上の栄養素がバランスよく含まれているのがポイント。いろんな栄養素がチームとなって適材適所に働くことで健康な体は作られると思うからです。

4)サプリは素材だけでなく、製法も大事!

 スピルリナは最近、青汁などにもよく入っていますが、西園寺がサプリメントを選ぶ際に見ているのは、“食べ物そのままに近い形”かどうか。特定の成分だけを抜き出した合成成分とか、健康効果をプラスするため、味や見栄え、持ちをよくするために添加物を加えたものにはひかれません。なぜなら、そういうものをわざわざ摂るくらいなら、食べ物で摂ったほうが安くて手軽で安心だから。そんなシンプルな理由からです。
 口に入れるものだから農薬を使っていないことはもちろん、製法も大事。高温処理したものや手を加えすぎたものは栄養素が抜け、酸化しているものも多いと聞くので、低温製法やフリーズドライなど、できるだけ栄養成分を損なわない製法のものをチョイス。スピルリナも青汁パウダーなどに入っているものは知っていましたが、生のタイプがないのかな…とふと、思ったことがありました。

そこで知ったのが生スピルリナ「タベルモ」

 実は生タイプのスピルリナの存在を知ったきっかけは、PR会社から送られてきたメールでした。美容ライターには日々、新製品や発表会のお知らせ、プレスレターなどがどっさり届くのですが、その中でなぜかふと目にとまったのが「タベルモ」と名付けられた生スピルリナだったのです。

「メディア関係者の方にはご希望があれば2週間のお試しセットを送ります」とのメールに、「ぜひお試ししたいです!」と即答。サプリに消極的な私にしては珍しく続けられ、その後、雑誌の取材をお願いし、「タベルモ」の開発や成分などの詳しい話を聞くこともできました。
生スピルリナの「タベルモ」

生スピルリナの「タベルモ」

 パウダーでなくあえて生にしたこと、解凍にちょっとだけ手間のかかる冷凍にしたことにも、ふか〜い理由があったのですが、そのお話は次回以降に。1カ月でどんな変化が出るのか、私自身、とても楽しみです!
43 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【第3回】美肌・美腸・ダイエットは叶うか? 生スピルリナ体験記

【第3回】美肌・美腸・ダイエットは叶うか? 生スピルリナ体験記

2週目に入った生スピルリナ体験の様子をご紹介。仕事に追われ、睡眠不足や暴飲暴食が重なった年末年始。毎食摂り続けた生スピルリナの効果やいかに。果たしてダイエットには効くのでしょうか?どんな効果があったのか、美容ライターの西園寺が振り返ります。
西園寺リリカ | 510 view
【第2回】美肌・美腸・ダイエットは叶うか? 生スピルリナ体験記

【第2回】美肌・美腸・ダイエットは叶うか? 生スピルリナ体験記

凍った生スピルリナを解凍して、そのまま水に混ぜて飲んだり、ある晩は、サラダのドレッシングに入れてみたり…朝には、スムージーを作ったりもしてみました。美容ライター西園寺リリカによる生スピルリナ体験記第2回では、最初の1週間で、どう感じたのか?をまとめています。
西園寺リリカ | 513 view
美容やダイエットに効果的な筋トレのやり方とは?

美容やダイエットに効果的な筋トレのやり方とは?

美容やダイエットのために、年齢とともに減ってきた筋肉を増やしたいと思う女性は少なくありません。まずは自分の筋力年齢を知り、正しい負荷のかけ方で筋トレを行っていきましょう。『間違ったダイエットは老化を早める』の著者である、スポーツトレーナー坂詰真二さんからのアドバイスをまとめています。
若山あや | 157 view
ポリフェノールたっぷり! コーヒーだって美容ドリンク

ポリフェノールたっぷり! コーヒーだって美容ドリンク

朝起きたら白湯。そして、コーヒーを1杯。それが朝のルーティーンです。意識やカラダを目覚めさせるために飲んでいたコーヒーに美容効果があると知ってから、朝のコーヒータイムが美容タイムになりました。今回の記事では、焙煎士の川上敦久さんにもコーヒーの効果を聞いています。
木川誠子 | 284 view
生スピルリナ効果でPMSが軽減?1か月間毎日飲んで日記をつけてみた

生スピルリナ効果でPMSが軽減?1か月間毎日飲んで日記をつけてみた

女性特有のいろいろな悩み。「PMS(月経前症候群)」「肌荒れ」「くすみ」「毛穴」「大人ニキビ」「シワ」「むくみ」などに悩むライターが、30日(1か月間)生スピルリナを飲んだり、食事に混ぜたりしてどのような効果があったのか?を振り返る日記です。
神谷 | 881 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

西園寺リリカ 西園寺リリカ
“タベルモ”