2018年1月15日 更新

野菜不足解消にお役立ち!ストックできる野菜の瓶詰めレシピ

年末年始は、忘年会、新年会と、飲み会が増える時。いつもよりもたくさんの量を食べがちだし、お肉料理などのヘビーなメニューが続いて、野菜不足を感じている人もいるのでは? そんな時にあると便利な、野菜を使ったレシピをご紹介します。

372 view

プラス1品として活躍する野菜レシピ

ある日の木川食堂

ある日の木川食堂

ワイン会と称して、ワインに合うメニューが並びました。
こんにちは! 木川食堂です。
年末年始は、私たちもフル稼働。
お世話になった方たちに挨拶をするための食事会が続きます。

この時期の木川食堂は、
いつも以上にヘルシー志向が強くなります。

というのも、会社や友達との忘年会や新年会で、
焼肉、イタリアン、中華など、ヘビーな食事が続いているかもしれないから。

もう1品、野菜を使ったメニューがほしいなと思う時に活躍しているのが、
野菜の瓶詰めです。
お手軽に作れるレシピなので、
常備菜としてストックしておくと、とても便利!

「最近、野菜が足りていないかも…」と思った時にも
サクッと食べることができます。

野菜の瓶詰めレシピ1 野菜のオイル漬け

野菜のオイル漬け

野菜のオイル漬け

冬に旬を迎える長ネギとじゃがいもで作ってみました。旬の野菜は、カラダが欲している栄養分を摂ることができるので、積極的に使います。

じゃがいものオイル漬け

〇材料(3~4人前):
じゃがいも 中3~4個、エキストラヴァージンオリーブオイル じゃがいもが浸かる量 、塩 3つまみ、にんにく2かけ、ローズマリー3本

〇作り方:
1. じゃがいもをよく洗い、水気をとる。皮つきのまま3cm程度の乱切りにする。にんにくは包丁の腹を使って潰しておく。

2. 鍋にすべての材料を弱火にかける。焦げないように混ぜながら、15~20分煮る。火が通ったかどうかを確認したい時は竹串で。
3. 火を止めて、塩とローズマリーを入れて粗熱をとる。

4. 保存瓶につめる。保存期間は5日間を目安に。

長ネギのオイル漬け

〇材料(3~4人前):
長ネギ 2本、エキストラヴァージンオリーブオイル 長ネギが浸かる量、塩 2つまみ、鷹の爪1本、にんにく1かけ

〇作り方:
1. ネギを3cmの長さに切る。にんにくは包丁のはらで潰しておく。

2. お鍋にすべての材料を入れて弱火にかける。焦げないように混ぜながら10分煮る。

3. 火を止めて、塩を入れて粗熱をとる。

4. 保存瓶につめる。保存期間は5日間を目安に。
塩はお好みで調節して、好みに味に仕上げてください。
そのまま食べることはもちろんですが、
パスタの具材に取り入れたり、サラダにプラスしたりするのもおすすめです。

野菜はオイルと一緒に食べることで、
より効率よく、栄養素を吸収することができると言われています。

ノンオイルドレッシングでサラダを食べている人は、
そのサラダに、オイル漬けをプラスしてみてください。

そして、漬けているオイルはバケットにディップしてもおいしいです。

この他にも、
輪切りにした玉ねぎで作ったオイル漬けは
とてもフォトジェニックに仕上がります。

野菜の瓶詰めレシピ2 野菜のビネガー漬け

ビネガー漬け

ビネガー漬け

野菜のビネガー漬けは、アレンジするのが楽しいのです。今回は、アレンジレシピとしてうずらの卵も紹介します。

トマトのビネガー漬け

〇材料(3~4人前):
ミニトマト 10粒、リンゴ酢 瓶のサイズに合わせて適量、ディル 3本、三温糖 大さじ1、粉末だし 8g

〇材料:
1. ミニトマトのヘタを取り、その部分に包丁に切り込みを入れる。

2. 保存瓶にトマト、ディル、酢、三温糖、粉末だしを入れて、半日以上漬けておく。酢はトマトがひたひたになるぐらいがベスト。

うずらの卵のビネガー漬け

〇材料(3~4人前):
うずらの卵 10個、米酢 瓶のサイズに合わせて適量、三温糖 大さじ1、粉末だし 8g、ブラックペッパー(ホール)15粒、ローリエ 1枚、ハチミツ 適量

〇材料:
1. ウズラの卵を茹で、皮をむく。

2. 保存瓶に1、酢、三温糖、粉末だし、ローリエ、ブラックペッパーを入れて、半日以上漬けておく。酢は、うずらの卵がひたひたに浸かるぐらいがベスト。

3. 食べる直前にハチミツを加える。お皿に盛り付ける場合は、仕上げにかける。
お酢の種類はお好みでOK!
トマトはフルーツ酢との相性がいいので
今回は、リンゴ酢を使ってみました。
もし、穀物酢を使用して作る場合は、
食べる時にハチミツを加えることでまろやかになります。

野菜の瓶詰めレシピは、
アレンジしてみるのも楽しさのひとつ。
そのパターンとして、うずらの卵を提案してみました。

その他の野菜を使ったアレンジですと、
紅大根、ニンジン、パプリカなどなど、
色味がある野菜が特におすすめです。

酢には、疲労回復をサポートしてくれる作用があるので、
宴会続きで疲れたカラダを癒してくれます。

瓶のサイズに合わせて作れる!

瓶詰めレシピで活躍する瓶たち

瓶詰めレシピで活躍する瓶たち

木川食堂では、ジャムや調味料などが入っていた瓶を利用しています。
野菜の瓶詰めは、基本、瓶のサイズに合わせて調理します。

ひとり暮らしなら小さめの瓶に、
家族がいるなら大きめでもOK!
と、ライフスタイルに合わせて瓶を選んでもいいですし、

余った野菜の量に合わせて、
瓶を選ぶこともできますよね。

木川食堂が使っている瓶は、
ジャムや、調味料などの瓶を活用しています。

ラベルのデザインがおしゃれだったら、
そのまま使うこと。

キャップ付きの瓶であれば、
どのサイズでも問題なしです。

瓶のままのほうがフォトジェニックに!

真上から撮るとSNS映え間違いなし!

真上から撮るとSNS映え間違いなし!

瓶のサイズはあえて合わせないのがおしゃれです。
瓶のままテーブルに並べられるのも、
野菜の瓶詰めのお手軽なところ。
しかも、フォトジェニック!

カラフルなピックを指しても可愛いので、
テーブルを華やかに演出してくれます。

ホームパーティにお呼ばれした時の
手土産として持参するのもいいですよね。

次回は…魚を使ったレシピ!

ストックする時は瓶のままで

ストックする時は瓶のままで

瓶のパッケージデザインがかわいいので、並べるだけでも絵になります。
野菜の瓶詰めレシピ、いかがでしたか?
料理初心者の姉も失敗せず作れるレシピなので、
野菜不足を感じた時、
プラス1品が欲しかった時に活用してくださいね。

そして、次回は新年にぴったりな見た目も華やかな、
魚を使ったレシピをお届けする予定です。
お楽しみに♪
26 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【ダイエットレシピ】オーバーナイトオーツwith生スピルリナ

【ダイエットレシピ】オーバーナイトオーツwith生スピルリナ

寒さが本格化し、ダイエットにぴったりな季節になりましたね。ということで、今回はダイエット中でも安心して食べられるレシピをお届けします。かさまし食材のオートミールを主役にしてフルーツをトッピング、生スピルリナをソースとして使ったレシピです。
木川食堂 | 45 view
【ダイエットレシピ】カラフルデトックスサラダ

【ダイエットレシピ】カラフルデトックスサラダ

秋めいてきたこの頃。常に体温が高い夏より、カラダの代謝が高まる秋冬はダイエットに最適な季節。ということで、デトックスを意識したレシピをテーマにお届けします。美容や健康に気をつけて楽しい毎日を過ごしたいものですね。
木川食堂 | 252 view
ふくらはぎがキーパーツ⁉ 寝ている間も冷えない眠活

ふくらはぎがキーパーツ⁉ 寝ている間も冷えない眠活

眠活がブームとなり、健康にも、ダイエットにも、美容にも睡眠が大切なことは周知の事実に。そんな今だからこそ試したいのがふくらはぎ特化の眠活!
木川誠子 | 156 view
究極のグルテンフリー食材? やっぱりすごいお米の魅力

究極のグルテンフリー食材? やっぱりすごいお米の魅力

以前も、プチ実験を交えたグルテンフリーな食スタイルについて書きましたが、今回はグルテンフリーな主食材であるお米がテーマ! 新潟県で農業を営む、若手農業家の榎本庄太さんの話を交えながら、今一度、“米食”について考えたいと思います。
木川誠子 | 377 view
腸活と朝ごはんは蜜月関係だった?

腸活と朝ごはんは蜜月関係だった?

社会人になってから朝ごはんは食べないことが多かったわけですが、ここへきて朝ごはんの重要性を感じています。それは腸活の観点から。腸内環境を整えることで肌荒れになりにくくなったり、肌つやがよく見えるそうです。私自身が感じた、腸活と朝ごはん&朝時間の関係性をまとめたいと思います。
木川誠子 | 432 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

木川食堂 木川食堂