2017年12月13日 更新

美肌のカギは、遺伝子にあり?!

あまりお手入れをしてないのに肌がきれいな人がいますが、その秘密はどこにあるのでしょうか。その秘密を知るためには、細胞レベルで肌の状態を知ることができる肌の遺伝子検査が役に立つかもしれません。肌遺伝子に合わせた美肌ケアができるようになるかも。

713 view

美肌を作る設計図が遺伝子の中にある?!

突然ですが、遺伝子と言われると何を思い浮かべますか?遺伝子(DNA)の正式名称は、デオキシリボ核酸といいます。
thinkstock (3352)

遺伝子(DNA)は、皮膚や髪の毛といった私達の体を構成する様々な種類の「タンパク質を作る設計図(プログラム)」のようなもので、この設計図(プログラム)によって人は出来上がっています。
遺伝子の研究はめざましいが研究途中であることから、解明されていないこともたくさんあります。しかし、近年では遺伝子(DNA)を見ることで、将来的にどのような病気の可能性があるのか、個々人で異なる痩せやすい方法や美肌になる方法などが分かるようになってきました。

遺伝子の構造と細胞の話

thinkstock (3356)

ヒトが持つDNAは誰しもほぼ共通しており、わずかに0.1%程度の違いがあるのみといわれています。

しかし、その微小な違いが姿形、体質などの個人差となり、一人ひとり全く異なる個性を生み出しています。例えば、お酒に強いか弱いかといった体質もこの0.1%程度の違いの中にはいっています。

遺伝子でキマる肌老化の速度

thinkstock (3424)

年齢によって抗酸化力が落ちるのは避けられませんが、遺伝子の型によっては生まれつき抗酸化力が弱い人がいることが、最近の研究によって、科学的にも明らかになってきました。

エイジングケアをしっかりしているのに、肌老化を起こしやすい人は、もしかしたら、この抗酸化力の弱い型を持ち合わせているのかもしれません。

抗酸化力に関係する遺伝子-GPX1遺伝子

thinkstock (3417)

過酸化水素(活性酸素のひとつ)を除去する抗酸化酵素に関係します。抗酸化力に影響するため、遺伝子の型によっては活性酸素の影響を受けやすい体質といわれています。

抗酸化酵素に関係する遺伝子-SOD2遺伝子

thinkstock (3419)

スーパーオキシド(活性酸素のひとつ)を除去する抗酸化酵素に関係します。SOD(スーパーオキシドディスムターゼ)が活性酸素を分解することで寿命を延ばしているといわれ、ヒトはSODの活性が高く寿命が長い原因のひとつといわれています。SODは抗がん剤としての研究も行われています。

角層のうるおいとバリア機能に関係する遺伝子-Filaggrin遺伝子とSPINK5遺伝子

thinkstock (3421)

肌の乾燥やうるおい・バリア機能に関係します。この遺伝子の欠損あるいは減少は,皮膚保湿機能の低下とともに皮膚バリア機能の障害を起こすといわれています。

その他の美肌に関係する遺伝子-MMP1遺伝子

thinkstock (3423)

コラーゲンを分解する酵素に関係します。コラーゲンの分解が過剰に進みやすい遺伝子型の人は、肌のハリや弾力が低下しやすく、たるみ、シミを発生させやすいタイプといわれています。
抗酸化力の強さなどは見た目で判別できず、検査で体質を知るしかありません。体質や肌の状態を知ることができれば、適した対策を取ることができますので、美肌を保つケア方法を検討したり、肌荒れ、シミ、ハリ、シワなどの対策をすることができるかもしれませんね。

傷つくと老化が進む遺伝子&細胞

私たちの遺伝子や細胞を傷つける要因としてあげられる項目には、以下のようなものがあります。
thinkstock (3433)

・加齢 年齢ともに細胞は老化し、その細胞が間違った遺伝子情報を作って分裂してしまう
・酸化と活性酸素 呼吸などの続けるうちに細胞を傷つけ活性酸素が増えてしまう
・紫外線 紫外線が直接的に細胞を傷つけ活性酸素を増やすことで細胞にダメージを与える
・化学物質 排気ガスや有害物質などが体中に入ることで細胞を傷つける
・ストレス 強いストレスなどで、細胞の老化や遺伝子の変異を起こす
でも、遺伝子が傷ついてしまったからといって悲観的になることはありません。
遺伝子を傷つける主な要因を作らないような生活を心がけることが重要になります。

また、けして遺伝子だけの情報で美肌が決まるわけではありません。
美肌になるためには、先天的な要因よりも後天的な要因のほうが大きいといわれています。

そのために注意したいポイントがいくつかあります。

POINT1:皮膚細胞が栄養不足になってしまわないようにバランスの取れた食事を取るようにしましょう

以下、野菜を中心としたバランスの取れた食生活に関する記事です。

POINT2:紫外線やストレスなどを過剰に受けて、活性酸素を発生させない。

紫外線対策も心掛けていきましょう。以下の記事に詳細をまとめています。

POINT3:大人ニキビなど、肌荒れによる皮膚の炎症を起こさない。

原因と対策やスキンケアについてまとめている記事です。

POINT4:良質な睡眠を取るように心がけましょう。

当たり前のように思える睡眠ですが、これを機に見直してみるのもおススメです。
また、何よりもストレスをためすぎないことが大事です。
ストレス社会のなかで、ストレスをためすぎないようにすることは大変だと思いますが、一人の時間をもうけたり趣味に没頭する時間をもうけるなど、リラックスする時間を作るように工夫しましょう。

自分の肌をチェック!肌遺伝子検査

thinkstock (3429)

どんな病気になりやすいのか?どんな肌体質なのか?どんなことに気をつけるといいのか?など、遺伝子検査をすることで自分のかかりやすい病気や、どこに脂肪がつきやすいのかなどを知ることができます。

そもそも肌の遺伝子検査って何?

遺伝子検査と聞くとなんだか、病院で予約をして検査をしないといけない。時間も金額もかかるような、大掛かりな検査が必要な印象がありませんか。
実は、病院で細かく検査する検査から自分自身で遺伝子検査キットを購入し、郵送して結果を待つというものまで様々です。血液からでないとDNAが分からないと思っている方も多いのですが、キットの場合は唾液で十分なのです。筆者も肌の遺伝子検査ではありませんが、肥満遺伝子検査のキットを購入して検査したことがあります。
thinkstock (3430)

自分の時間で検査ができるだけではなく、口腔内の組織を専用の綿棒でこすってその綿棒を送るだけで検査ができるので、とっても手軽にできました。
自分のDNAを知ることで、普段の生活にも役立てることができるので、個人的な感想ですが、検査してよかったと思っています。

セルフでできる肌遺伝子検査キット6選

では、セルフ肌遺伝子検査キットではどのようなことを知ることができるのでしょうか。
タイプ別にご紹介します。

●肌の老化に関わる3つの遺伝子に特化したキット

GeneLife「肌老化遺伝子検査キット SKIN」は、肌の老化に関わるMMP1遺伝子 GPX1遺伝子 SOD2遺伝子の3つの遺伝子を検査し、シワやシミのできやすさ、抗酸化力など、生まれ持った肌老化のリスクを「ふつう」「できやすい」の2段階で評価をします。

その上で、タイプⅠ〜タイプⅣの4タイプに分類し、外的要因・内的要因を教えてくれます。しいては、ライフスタイルの提案までしてくれます。

また、検査結果は、パソコンやスマートフォンでも確認できますので、出先でもちょっと気になった時にその場から確認することができます。

●シミ・シワ・敏感肌といった美肌に特化したキット

「DHCの遺伝子検査 美肌対策キット」は、肌の状態のなかでもとくに気になる「シワ」「シミ」「敏感肌」に関連する4つの遺伝子(MMP1遺伝子 ASIP遺伝子 Filaggrin遺伝子 SPINK5遺伝子)を検査することができます。

遺伝子レベルの肌質と、肌質にあったスキンケアや美容液、栄養成分などが具体的にわかる結果報告書とパーソナルカルテが届くので、今後の美肌づくりに役立ちます。

また、おすすめサプリメントも紹介してくれます。

●肌の老化に関わる3つの遺伝子に特化したキット

肌の老化に関わるMMP1遺伝子 GPX1遺伝子 SOD2遺伝子の3つの遺伝子を検査し、シワやシミのできやすさ、抗酸化力など、生まれ持った肌老化のリスクを「できやすい」「ややできやすい」「普通」の3段階で評価をします。

その上で、おすすめの生活習慣やスキンケア方法など、対策に役立つ情報が「フラコラからのご提案書」にまとまっています。

●肌の老化に関わる3つの遺伝子に特化したキット

DNA BEAUTY遺伝子検査は、肌質や肌老化に関わる15種類の遺伝子を検査してくれます。
その結果、しみ・そばかすリスク・しわ・たるみリスク・乾燥肌・敏感肌リスク・脂性肌リスク・毛穴開大リスクを知ることができます。

レポートは、オンラインのみとなり結果は郵送されてきませんが、「肌の構造や、遺伝子の説明を詳しく解説する「遺伝子詳細」」と「遺伝子検査の結果・結果から導き出されたテーラーメイドケア「結果・ケア」」が届きます。

●日本初!肌の老化に関わる3つの遺伝子に特化した元祖キット

皮膚の専門家が作ったキットです。
肌老化遺伝子検査セットは、肌の老化に関わるMMP1遺伝子 GPX1遺伝子 SOD2遺伝子の3つの遺伝子を検査し、シワやシミのできやすさ、抗酸化力など、生まれ持った肌老化のリスクを「弱い」「標準」の2段階で評価をします。

それに加え、環境要因と肌質傾向をプラスした情報で評価がされ、あなたの肌タイプに合った結果シートには、食生活やスキンケアに関するアドバイスなどを記載されています。
肌の老化対策に役立つ情報も届けられます。

●病気と体質に関する全検査(280項目)が入ったフルセット

本格的な遺伝子検査を行いたい人はこちらがオススメです。
肌のくすみや紫外線による肌の光老化、日焼け直後の肌の炎症の起きやすさといった細かな肌の状態から三大疾患のがん、心筋梗塞、脳梗塞などをはじめとする病気と、肥満、肌質さらにはカラダの中の栄養素値などの体質や食習慣に関する全検査が行えるスペシャルフルキット。
その数なんと280項目。

自分の遺伝的傾向を詳しく知ることができ、検査後は医師や管理栄養士によるアドバイスやサポートが受けられる、生活改善プログラムも充実しています。
thinkstock (3431)

遺伝子や遺伝子検査というと難しいことのように感じてしまい懸念しがちですが、自分の体質を遺伝子レベルで知ることができ、その後の生活に役立てることができるという大きなメリットがあります。

筆者自身、有り難いことに肌はきれいな方だと言われることが多いですが、生まれ持ったものも多少あるとは思いますが、きちんと睡眠を取ったりバランスが取れた食事を取るように心がけています。あと、一番はあまり悩みすぎないようにすることにしています。
thinkstock (3432)

遺伝は変えられませんが、食事や睡眠、メンタルケアなど日々の努力を積み重ねることはできます。それが、本来の意味でのキラキラした美肌美人になる早道なのではないでしょうか。
73 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

美容皮膚科の南先生に聞く、美肌を維持するコツ

美容皮膚科の南先生に聞く、美肌を維持するコツ

肌のプロである美容皮膚科の南先生に、実生活で行っている美肌維持のための生活習慣やコツなどをお聞きしてみました。先生ご自身のお肌のケア方法、シワの予防と対策、夜眠る前に気を付けていること、美肌につながる栄養成分など、いろいろなお話をお伺いしてきました。
【30代向け】40代ライターのスキンケアノウハウを全て伝授

【30代向け】40代ライターのスキンケアノウハウを全て伝授

20代の頃は意識しなかったけれど、30代になって肌の衰えを感じ始める人もいるのではないでしょうか?老化が進んでくる30代は、20代と同じケアのままでは肌に様々なトラブルが起こってくることが予想されます。そこで今回は、30代にターゲットを絞って美肌作りのためのメソッドを伝授します。
Rika | 1,035 view
【保存版】肌荒れ・肌悩み症例別、対策メソッド20

【保存版】肌荒れ・肌悩み症例別、対策メソッド20

10代は思春期ニキビ、ハタチを超えたら大人ニキビ、さらにはシミ、シワ、たるみ…。次から次へとお肌の悩みは尽きません。神様に「美肌をください」とお願いするその前に、肌トラブルの根本原因を徹底究明しませんか?今回はトラブル別に肌荒れ・肌悩み対策をなんと20メソッドも紹介しちゃいますよ!
Mayuko | 657 view
秋冬スキンケアは、美容オイルで美肌キープ

秋冬スキンケアは、美容オイルで美肌キープ

 冷えと乾燥のせいで、肌のカサつきを実感していませんか?いつものスキンケアじゃ乾燥には物足りない人におすすめの美容法がオイルの投入です!今回は、美容オイルのメリットをはじめ、正しい使い方、注目の美容オイルなどの紹介をお伝えします。
Rika | 274 view
究極のグルテンフリー食材? やっぱりすごいお米の魅力

究極のグルテンフリー食材? やっぱりすごいお米の魅力

以前も、プチ実験を交えたグルテンフリーな食スタイルについて書きましたが、今回はグルテンフリーな主食材であるお米がテーマ! 新潟県で農業を営む、若手農業家の榎本庄太さんの話を交えながら、今一度、“米食”について考えたいと思います。
木川誠子 | 634 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

美肌ラボ編集部 美肌ラボ編集部