2018年1月22日 更新

乾燥と戦う肌へ。保湿のハーモニーを奏でよう

乾燥は肌の大敵! 空気が乾燥している冬は、いつも以上に対策に余念がありませんよね。とはいえ、保湿したそばから乾燥していくのがこの季節。そこで、私自身が辿り着いた、乾燥が気にならなくなる保湿の三重奏ケアについてお話します。

252 view

塗ればいいわけではない!

thinkstock (4457)

「乾燥しているな~」と感じたら、
とにかく塗る!

確かにそう。間違いではありません。
でも、どんどん塗るのはNGです。

「しっかり保湿しているはずなのに乾燥する…」と感じたことありませんか?
それは、肌が吸収できず、蒸発してしまっているから。
肌が吸収できるスピードはそこまで早くはありません。
「もしかしたらドライスキンなのかも…」と疑う前に、
保湿の仕方を見直してみてください。

大切なのは塗るタイミングです!

例えば、化粧水、乳液の順で塗っているとします。
化粧水を塗った後すぐに乳液を重ねていたらNG。
きっと、そのほとんどが蒸発していると思います。

まず、化粧水を塗ったら、
肌がきちんと吸収するまで待ってください。
化粧水を肌にのせて、
表面から徐々に深層部に染み込んでいくのを感じてください。

そして、肌の表面が乾いてきたかなと感じたら、
その時が乳液の出番です。

最近では、1本でスキンケアが完了するアイテムも多くありますが、
複数のアイテムを分けているのなら、
肌に与えたい目的が違っているはずです。

そのアイテムが持つ能力を最大限に発揮できるようにするためにも、
しっかりと肌に吸収させることが重要。

ということで、複数のアイテムを使って保湿している場合は、
ひとつのアイテムを使うたびに、
肌が吸収するのを待ってから
次のアイテムを使ってください。

もし、吸収速度が落ちてきたなと思ったら、
10分でも、20分でも、少し時間をおいてみるのもいいと思います。
スピーディーに保湿することよりも、
肌が吸収できる状態になってから保湿することが大切です。

顔と同じように手の平だって乾燥している

gettyimages (4460)

塗るタイミングと同じように大切なのが、
手の平にも保湿が必要だということです。

朝の洗顔後、夜のお風呂上がりに、
手の平で保湿している人は要注意!
顔と同じように、手の平も乾燥しているので、
化粧水は顔に与えたいはずなのに、
その前に手の平がほとんど吸収してしまっているかもしれません。

そうならないためにもコットンを使うのがおすすめですが、
肌の感触を確かめながら保湿したいという人は、
顔よりも先に手の平を保湿しましょう。
ハンドクリームでもいいですし、
顔用の保湿アイテムでもいいと思います。

私自身が手の平を使って保湿する時は、
顔用の化粧水をワンプッシュ分、手の平に乗せて全体に広げています。
そしてさらに、もうワンプッシュして、
それを顔へ塗っています。

手の平の保湿が完了したら、
本題の顔の保湿へ。

私が辿り着いた、乾燥が気にならなくなる保湿方法は、
化粧水、クリーム、オイル、美容液…
どの順番でも、どのアイテムを使ってもいいから
3回保湿することです。通称、保湿の三重奏!

今回は、愛用しているアイテムの紹介も交えながらまとめていますが、
アイテムは肌質によって合う、合わないがありますし、
好みも反映されるものなので、
参考程度に読んでいただけると幸いです。

STEP1 オーガニックアイテムで保湿

ブースター的な役割の化粧水

ブースター的な役割の化粧水

ロゴナ リフレッシング フェイシャルトナー〈ローズ〉(125mL)¥2,900(ロゴナジャパン☎03-3288-3122)
洗顔後の肌は、一番吸収率が高い状態と言えるので
その肌につける1本目は、
できるかぎりピュアなものを…。
ということで、オーガニックアイテムが活躍します。

成分や製法はもちろん、使いやすさも含めて「いい!」と感じたのは、
オーガニックブームになる前から
ナチュラルアイテムを展開していた「ロゴナ」のスプレータイプの化粧水。

「手の平の保湿をする時間ももったいない」
「とにかく早く保湿したい」という時でも、
シュシュッと吹きかけられる手軽さです。

次に重ねるクリームや美容液の
ブースターとしても活躍しますし、
アルコールフリーなので、肌への刺激が少ないのも魅力的!

STEP2 クリームで保湿

高保湿を叶えてくれるシルクプロテイン

高保湿を叶えてくれるシルクプロテイン

(左から)コモエース セリサージュ グレイスローション(150mL)¥5,500、グレイスミルク(100mL)¥6,500、グレイスクリーム(30g)¥10,000(セーレン株式会社☎0120-469-442)
化粧水の次はクリーム。
STEP1でオーガニックアイテムを使用し、
肌に優しい成分を塗布しているので、
その成分を閉じ込めるイメージで使っています。

アイテムを選ぶ時に意識しているのは機能性!

実は、保湿アイテムのすべてを
オーガニックアイテムで揃えないようにしています。

というのも、今気になる乾燥を、すぐに改善したいという時、
オーガニックアイテムだけだと即戦力には欠けてしまう気がしていて、
どちらかというと、長期的に使って改善するアイテムという認識なので、
成分や製法に気を遣いながらも、
サイエンスの力を借りることも大切だと考えています。

そこで注目したのが、
医療現場からも熱視線を集めている、
繭から生まれた成分の“ピュアセリシン™”。
1個の繭から0.03gしか取れないと言われている
貴重なシルクプロテインです。

天然のたんぱく質の力を借りて、
バリア機能を高めて、乾燥しにくい肌力を底上げしていく感じ。
保湿以外にも、嬉しい効果が期待できる成分ですが、
今回は保湿の話なので、それ以外についてはまたの機会に。

STEP3 クリームorオイルで保湿

高保湿、高保水力のネロリバーム

高保湿、高保水力のネロリバーム

ローズ ド マラケシュ ネロリバーム(35g)各¥4,200(ローズ ド マラケシュ☎03-5786-2171)
STEP2のクリームが中蓋の役割なら、
STEP3のクリームorオイルは蓋です。
ということもあり、保湿力の持続性を重視して選んでいます。

そこで活躍しているのが、
クリームのように使えるバームです。

保湿力のあるオイルとして知られているアルガンオイル、
肌のハリや弾力に働きかける作用があると言われているネロリオイル、
高い保湿力、保水性を持つサボテン種子オイルなどが配合されています。

保湿の仕上げとしてこのバームを塗ると、
翌朝までしっとりしています。
体温で溶けて滑らかに伸びていくテクスチャーも気持ちがいいのです。

肌の状態に合わせて保湿方法をアレンジ

gettyimages (4473)

「保湿の三重奏」が基本の保湿ケアになりますが、
季節によって、その時の食生活によって、月経前後などで、
肌の状態は変わりますよね。

いつもの保湿方法ではケアできない時もあるので、
肌の変化を敏感にキャッチしながら、
状態に合わせてアレンジすることも。

例えば、乾燥が特にひどいという日は、
STEP1の化粧水の後に、
オーガニックコットンに化粧水を染み込ませて、
パッティングすることもあります。
その時は、STEP2で紹介したシリーズの
化粧水を使っています。

そして、もっと保湿したい時は、
クリームに手持ちの美容オイルを混ぜて使うことも。

肌の状態と向き合いながらケアすることも
大切なことのひとつですよね。
この積み重ねが“常にいい状態の肌”を
作ってくれると信じています。
(信じるしかない!)

1秒でも早く保湿せよ!

gettyimages (4476)

ある媒体で、お風呂美容企画を担当した時、
美容家さんに取材させていただきました。
数年前のことですが、
その時の取材内容で今でも覚えていることがあります。

「洗顔した5秒後から水分の蒸発は始まっています。
1秒でも早く保湿することが大切です」

この言葉は、妙に刺さりました。
そこから保湿に対しての姿勢が変わった気がします。

この時の取材もそうですが、
いろんな専門家にお話を聞いていると、
「ひとりひとり肌質も、ライフスタイルも違うから、
万人にフィットする美容法は存在しない」ことがよくわかります。

結局のところ、
自分の肌にベストな保湿ケアは、
自分自身で探すしかない!

今、ベストだと思っている方法が、
半年後もそうだとは限りませんしね。

今回の内容がその手助けになることを願いながら、
私自身も、よりいい方法を探っていきたいと思います。
21 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

美容皮膚科の先生に聞く、肌荒れと乾燥性皮膚炎の違いと対策

美容皮膚科の先生に聞く、肌荒れと乾燥性皮膚炎の違いと対策

最近肌荒れがひどくなったり治りづらくなったと感じることはありませんか。肌荒れと思っている肌の不調は、もしかすると、乾燥性皮膚炎かもしれません。どうして、肌荒れと乾燥性皮膚炎が混在されてしまうのでしょうか。大阪美容クリニック 院長の南 真実子先生に聞きました。
【30代向け】40代ライターのスキンケアノウハウを全て伝授

【30代向け】40代ライターのスキンケアノウハウを全て伝授

20代の頃は意識しなかったけれど、30代になって肌の衰えを感じ始める人もいるのではないでしょうか?老化が進んでくる30代は、20代と同じケアのままでは肌に様々なトラブルが起こってくることが予想されます。そこで今回は、30代にターゲットを絞って美肌作りのためのメソッドを伝授します。
Rika | 1,021 view
【保存版】肌荒れ・肌悩み症例別、対策メソッド20

【保存版】肌荒れ・肌悩み症例別、対策メソッド20

10代は思春期ニキビ、ハタチを超えたら大人ニキビ、さらにはシミ、シワ、たるみ…。次から次へとお肌の悩みは尽きません。神様に「美肌をください」とお願いするその前に、肌トラブルの根本原因を徹底究明しませんか?今回はトラブル別に肌荒れ・肌悩み対策をなんと20メソッドも紹介しちゃいますよ!
Mayuko | 651 view
美肌のカギは、遺伝子にあり?!

美肌のカギは、遺伝子にあり?!

あまりお手入れをしてないのに肌がきれいな人がいますが、その秘密はどこにあるのでしょうか。その秘密を知るためには、細胞レベルで肌の状態を知ることができる肌の遺伝子検査が役に立つかもしれません。肌遺伝子に合わせた美肌ケアができるようになるかも。
秋冬スキンケアは、美容オイルで美肌キープ

秋冬スキンケアは、美容オイルで美肌キープ

 冷えと乾燥のせいで、肌のカサつきを実感していませんか?いつものスキンケアじゃ乾燥には物足りない人におすすめの美容法がオイルの投入です!今回は、美容オイルのメリットをはじめ、正しい使い方、注目の美容オイルなどの紹介をお伝えします。
Rika | 271 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

木川誠子 木川誠子