2018年1月27日 更新

しわを改善して目元美人を目指そう!実年齢より若く見られるには?

どんなにケアしても気になるのが目元、目の下、目尻にあるしわではないでしょうか。ここでは目の周りの気になるしわの悩みやしわの改善に効果的な成分、商品、簡単に行うことのできるセルフケアについて紹介していきます。しわのない目元美人を目指しましょう!

281 view

はじめに -しわのない目元美人になるために

しわのない目元に憧れますよね

しわのない目元に憧れますよね

誰もが綺麗な目元には憧れるものですよね。しかしそれとは裏腹にしわ対策やスキンケアをしているつもりでも目元にしわが出来てしまいます。

そこで本記事では、目元、目の下、目尻にあるしわの悩みをQ&Aで解説し、しわの改善に効果的な成分、商品を紹介します。また簡単に行うことのできるセルフケアについても一緒に紹介していきます。

目元、目の下、目尻にあるしわの悩みをQ&Aで解説

しわの悩みのQ&A

しわの悩みのQ&A

なぜ目元、目の下、目尻にはしわができやすいのでしょうか?

目元、目の下、目尻が、何故、しわができやすいのかというと、目の周りの皮膚は他の部位と比べてみると顔の皮膚の中でも最も薄い部位になります。目の周りの皮膚はたったの約0.5~0.6mmしかありません。それくらい目の周りの皮膚は薄くできているため、しわができやすいのです。
目の疲れのケアは大切

目の疲れのケアは大切

そして目の周りは凄く運動量が多い場所でもあります。スマホやタブレットを見続けるだけでも目を酷使しますし、仕事でパソコンに長時間向かっていても同じです。笑う、怒る等の感情表現をする為に表情を変えるだけでも目の周りの筋肉を使います。

更にコンタクトの使用や女性の場合、アイメイク等、目を使う場面は日常に沢山あって、私達は常に目や目の周りを使って生活しているので目を疲れさせてしまい、それが目元、目の下、目尻にしわができやすくなる原因になってしまいます。

目の疲れやケアをしないでいると、早期の衰えやトラブルになってしまうと考えられるのです。

目元、目の下、目尻にはしわができやすいと思っている方も多いのではないでしょうか?

ほかにも目元、目の下、目尻にしわができる原因はありますか?

目の周りの皮膚の薄さや目の疲れが、しわの原因になることはお分かり頂けたと思います。それ以外にもしわに繋がる原因を探っていきましょう。

1.目の疲れや痒みで目を擦ってしまう
目に疲労が溜まっていたり、花粉症やアレルギー症状を引き起こしてしまっていたりすると、無意識に目を何度も擦っていませんか?
例えば、薄い紙やビニール袋等を擦るとしわしわになってしまいますよね。それと同じで、目元、目の下、目尻を擦ってばかりいると皮膚にしわができてしまいます。

2.アイメイクを落とす時の負担
アイメイクを落とす時、目の周りをしっかりメイクを落とそうとゴシゴシ擦ってしまうと、目を擦っているのと同じなので、当然、目元、目の下、目尻に負担がかかり皮膚にしわができてしまいます。
目を擦ったり、アイメイクを落とすときは要注意

目を擦ったり、アイメイクを落とすときは要注意

目元、目の下、目尻のしわへのすぐに実践できる対処法はありますか?

目元、目の下、目尻のしわが気になる方の為にすぐに実践できる対策を原因別に挙げてみましょう。

1.目の疲れや痒みがある場合
これは症状によって方法が異なります。目の疲れを感じた時は、目を温めて血行を促進しましょう。できれば42度位のお湯で濡れタオルを作り、目の上に当てて、目の周りをジックリ温めると疲れ目への効果が期待できます。

逆に痒みがある場合は冷水で冷やしたタオルで目を冷やしましょう。痒みは冷やすと引いてくれる事が多いです。炎症反応がある場合、温めてしまうと逆効果になりますので注意して下さい。

2.目を酷使している場合
目を酷使してしまって目が疲れている場合は上記で説明した通り、目を温めると効果がありますが、原因がパソコンやスマホ、タブレットの場合は、目を十分に休ませる事も大事になります。仕事等でどうしても酷使せざるを得ない場合もあると思いますが、10分休憩するだけでも随分回復してくれますので、こまめな休憩を挟みましょう。
目の休憩をとりましょう

目の休憩をとりましょう

3.アイメイクを落とす時の負担
アイメイクを落とす時はやはり擦り過ぎない事が大事になります。目の周りに負担がかかっているなと思ったら、できればアイメイクを抑え目にして、メイクを落とす時に負担をかけないようにしましょう。

それでも、濃いアイメイクを変えられないという方は、目の周りのメイクを落とす時にごしごし擦らないように心がけ、目の周りをゆっくりとマッサージする事をお勧めします。

4.生活習慣
しわが増えてしまう原因として生活習慣の乱れも大きく関係しています。喫煙や睡眠不足、ストレス、紫外線等が原因に挙げられます。心当たりのある方は生活習慣を見直してみる事をお勧めします。

しわの改善効果がある成分とは??

thinkstock (4681)

しわは主に表皮のしわと真皮のしわに分類でき、それによって対策は違います。表皮のしわは肌の表面にできた初期段階のもので、まだ浅いしわになります。一方で真皮のしわは深い部分までしわになってしまっている状態をいいます。

表情しわに効果のある成分とは?

肌の潤いは細胞間脂質やNMF(天然保湿因子)、皮脂膜の働きによって保たれています。主に細胞間脂質はセラミドで構成されていて、その他にスフィンゴ脂質や脂肪酸等があります。またNMF(天然保湿因子)はアミノ酸やPCA-Na、皮脂膜はグリセライド、脂肪酸、スクワレン、ロウ類などにより構成されています。

表皮のしわに効果があるのは、セラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸、アミノ酸、PCA-Na、スクワランといった成分になります。

真皮じわに効果のある成分とは?

しわに効果的な成分はいろいろな種類が・・・

しわに効果的な成分はいろいろな種類が・・・

真皮のしわは、指でしわを押し広げても無くならないといえば分かりやすいと思います。表情を動かしたときにできるしわが無表情でもなくならないのが表情じわといい、さらに、そのしわが肌の奥まで刻まれてしまったものが真皮じわです。

ちなみに、表皮しわでは効果があった成分は、粒子が大きいので真皮まで浸透しないため効き目がありません。真皮しわに効果があるのが以下の3つの成分です。

・リン酸アスコルビルやAPPSなどのビタミンC誘導体
・皮膚の再生医療でも使われているグロースファクターという成長因子
・傷んだ細胞を正常な治癒に導くビタミンAの一種であるレチノール

ただし、レチノールは肌の弱い方には、刺激が強い場合もあるので使用には注意が必要です。心配な方は一度医療機関を受診されると良いと思います。最近では、普通の皮膚科でもしわ対策を行っている所があります。

目元のしわを改善する食事

しわに効果的な食事は、いろいろあります

しわに効果的な食事は、いろいろあります

しわは食事でも改善は可能です。ここでは成分別に説明していきます。

1.肌のトラブルにも効果のあるビタミンC
ビタミンCはメラニンの生成を抑制してくれたり、コラーゲンの合成に必要であったりと美肌の為には欠かせない成分です。食べ物ではレモンやオレンジ等の柑橘系やイチゴ、ブロッコリー等に多く含まれています。グレープフルーツだと半分、イチゴなら7~8粒も食べれば1日に必要な摂取量を摂る事ができます。

2.コラーゲンを含む食べ物
コラーゲンは鶏皮や牛筋、スッポン等にも多く含まれていますが、美容の事を考えたらお勧めなのが大豆製品です。納豆や豆腐、おからなどの大豆製品なら簡単に手に入りますし、ローカロリーですので沢山食べても安心です。また大豆製品は女性ホルモンの分泌を助けてくれる働きがあり、女性ホルモンを増やす事で、コラーゲンを凝縮してくれ、より大きな効果が期待できます。

またコラーゲンを多く含む食品でいうとゼラチンはコラーゲンを高温で変性させたものですので、お菓子やお料理などでゼラチンを摂取するとコラーゲンを食べている事になります。ゼラチンは間食に取り入れる事をお勧めします。

3.ビタミンEを含んだもの
ビタミンEは、強い抗酸化作用があり、メラニンの排出を助け新陳代謝を高めてくれる効果があります。このビタミンEは油と一緒に摂取すると吸収が良くなります。また、ビタミンCやコエンザイムQ10を含む食品と一緒に摂取すると相乗効果が得られます。

ビタミンEを多く含む食品としては、アボガド、納豆、ごま、ウナギ、かぼちゃ等が挙げられますが、他にも様々な食品に含まれているので、3食キチンと摂取していれば1日の摂取量を十分に摂る事ができます。

また注意して欲しいのがビタミンEは脂溶性のビタミンですので、肌に良いからと摂取し過ぎると思わぬ副作用が出てしまう恐れがあるので気をつけて摂取して下さい。
ビタミンEは摂りすぎに注意

ビタミンEは摂りすぎに注意

4.エラグ酸を含んだもの
エラグ酸とはポリフェノールの一種です。エラグ酸は強い抗酸化作用とメラニンの生成を抑制してくれる働きがあります。食べ物では、イチゴやラズベリーのベリー系、ぶどう、ザクロ等に多く含まれます。

5.コエンザイムQ10
コエンザイムQ10は抗酸化作用や新陳代謝が良くなる等の効果が期待できます。それにより、肌の老化を防いでくれるんですね。コエンザイムQ10は若返りの救世主とも言われる程、肌に良い効果があります。

コエンザイムQ10を多く含む食品にははいわしやサンマ等の青魚、豚肉、牛肉、大豆製品、落花生等が挙げられます。大豆製品はコラーゲンも多く含んでいますので、積極的に摂取して欲しい食品です。

6.セラミド
セラミドは肌の保湿する効果や美白に効果があるとされています。逆にセラミドが減ってしまうと、肌がカサカサになって荒れてしまったり、乾燥からシワの原因になってしまうといわれています。そんなセラミドを多く含む食品はコンニャク、しらたき、黒ごま、黒豆、ひじき、わかめなどです。

7.オメガ3脂肪酸
オメガ3脂肪酸は体内で生成ができないので食べ物等から取り入れるしかないです。オメガ3脂肪酸はコラーゲンとエラスチンの生成を促してくれ、新しい肌へと生まれ変わらせる効果や皮膚の炎症などにも効果的とされています。
そんなオメガ3脂肪酸を多く含む食べ物は鮭、マグロ、いわし、ほうれん草、大豆等が挙げられます。

ここでは、目の周りのしわに効果のある食品を挙げてきました。これらを毎日の食事に上手く組み込み、バランスの良い食事を心がけましょう。しわは勿論ですが、身体の内側からキレイになることで、肌の色つやも良くなり若返って見えるかと思います。

目元、目の下、目尻にあるしわの改善効果が高いクリームと美容液

どんな美容液やクリームが…

どんな美容液やクリームが…

食事だけではなくしわの改善には美容液やクリームも効果的です。しかし、様々な美容液やクリームが売られていてどんな美容液やクリームが効果的なの?と疑問に思われている方も多いと思います。

表皮しわと真皮しわでは、しわに効果的な成分が異なる事は、ここまで記載した通りになりますが、美容液やクリームもそれに併せて選ばないと折角買ったのに効果が出ないという事になりかねません。そこでしわの種類によって選ぶべき美容液やクリームをご説明していきます。

クリーム、美容液のしわ別による選び方について

しわに効果のある美容液・クリーム

しわに効果のある美容液・クリーム

1.表皮しわに効果のある美容液・クリーム

表皮しわの原因は主に乾燥が原因です。乾燥を防ぐ為に保湿力の高い美容液やクリームを選びましょう。表皮しわに効果の高い成分をご紹介します。

・セラミド
・ヒアルロン酸
・NMF

これらは高い保湿力と保水力を持っている成分で、お肌をしっかり潤してくれます。なお、セラミドやヒアルロン酸は「美容液・乳液・クリーム」で取り入れるのが効果的です。

2.真皮しわに効果的な美容液・クリーム

真皮しわの原因は、加齢や生活習慣の乱れによるコラーゲンの減少です。真皮しわには、コラーゲンを増やす作用のある成分が配合された美容液やクリームが効果を発揮してくれます。ここでは真皮しわに有効な成分をご紹介します。

・レチノール
・ビタミンC誘導体
・ナイアシン

これらを含んだ美容液やクリームを選びましょう。

クリーム、美容液の効果的な使い方

クリーム、美容液でケア

クリーム、美容液でケア

美容液をつける時、大事なのは使い方になります。折角美容液を使っていても正しい方法で使用しないと無駄になるだけではなく、肌荒れや肌トラブルの原因になりますので、正しい方法を身に付けて、基本を覚えましょう。美容液をつける時の順番は以下の通りが基本です。

1.クレンジング
2.洗顔
3.化粧水
4.美容液
5.乳液orクリーム

クレンジングと洗顔で肌の汚れをしっかりと落とす事で化粧水や美容液、クリームの浸透力が高くなります。そして化粧水で肌に水分を与えると肌が柔らかくなりますので、その後につける美容液の浸透を助けてくれます。美容液より先にクリームや乳液を塗ってしまうと、それらに含まれる油分が美容液の有効成分浸透を妨げてしまい後からつけても思うように浸透してくれません。

ただし、製品によってはスキンケアの化粧水の前につけたりするものがあり一般的な美容液と使う順番が異なることがあります。その場合は商品説明に従って使用しましょう。

目元美人になるためのセルフケア方法

thinkstock (4687)

目の周りのしわはどうしても気になる場所ですが、そんなしわを家でセルフケアできれば、毎日自分で手入れができて、サロン等に通う手間が省けますよね。そんな方の為に家でできるしわのセルフケアをご紹介します。

セルフケアの種類と効果

しわの効果的な食事や美容液、クリームはご紹介しましたが、それ以外にもマッサージをする事でしわの改善に効果を発揮してくれます。

目の周りに効果的なマッサージの方法としては、こめかみともみあげ部分に人差し指と中指を置き、頭頂部に向けて流すように押しましょう。血行を促進し、目の疲れが改善される為、眉間のシワに効果的です。では具体的にどういうマッサージをすれば良いのか、その方法をご紹介します。

1.サトウ式リンパケアのフェイシャルマッサージ基本のやり方

ほほを優しく4回なで下ろす
耳たぶを4回後ろに回す
アゴを前後 左右 開いて閉じる
腕を後ろに4回回す
8回×4セット 合計32回後回し

サトウ式リンパケアのフェイシャルマッサージ

顔全体をマッサージする事は目の周りのしわにも効果が大きいです。他の部位もリフトアップされますので美容に凄く効果があります。サトウ式リンパケアは、細胞の周りを浸している「間質リンパ」を狙ってマッサージをしています。そのため、軽い力じゃ無いといけません。力加減が難しい場合、メイクブラシを使いましょう。

続いてまぶたのマッサージ方法をご紹介します。

1. ホットタオルで目の周りの血行を良くする
2. 眉の上を人差し指で押さえ、上目遣いでまばたきを30回する
3. 目を閉じて5秒、目を開けて5秒キープをそれぞれ5回行う

まぶたのマッサージ方法

最後に目の周りの筋肉、眼輪筋(がんりんきん)を鍛えましょう。

1. 両手の人差し指で目尻を軽く外側にひっぱり、5秒間目を閉じる
2. ゆっくりと目を開ける
3. 両手の人差し指で目尻のやや上を押さえ、斜め上方向にひっぱり、5秒間目を閉じる
4. 両手の人差し指で目尻のやや下を押さえ、斜め下方向にひっぱり、5秒間目を閉じる
5. 上記を5回繰り返す

眼輪筋トレーニング

ただし、やり過ぎは逆に目の周りのしわを助長させてしまう恐れがありますので、注意して下さい。

セルフケアを行う際の注意点

目元のしわを改善する為に様々な方法を紹介してきましたが、セルフケアする為にいくつか注意して頂きたい点があります。それをこれから説明していきます。

しわ改善の為に食事改善は必須ですが、栄養素を無闇に摂取すれば良いわけではありません。必要な栄養素を意識してバランスの良い食事を心がけましょう。栄養素は毎日、コンスタントに摂取する事が大事になります。

美容液やクリームは用量・用法を必ず守って下さい、しわに効果があるからと多くつけ過ぎてしまうと、却って肌荒れや肌トラブルの原因になってしまう場合があります。できれば寝る前にしっかりとスキンケアを行うようにしましょう。

肌は眠っている間に新生されますので、質の良い睡眠を心がけると美容液やクリームの効果がより大きくなります。

そしてマッサージですが、これもしわに良いからと1日に何度も行ったり、早く効果を出そうと強い力で行うと肌のコンディションが悪くなってしまう原因になります。目の周りの皮膚は薄いので、力をあまり入れずに肌を労わるように行いましょう。

しわのない目元美人になるために- まとめ

thinkstock (4688)

目元、目の下、目尻は皮膚が非常に薄く、どうしてもしわができやすい部位です。しかし、しっかりとケアを行えば、しわを改善する事ができます。まずは食事や睡眠といった生活習慣を改善し、スキンケアをしっかりと行いましょう。また、マッサージもしわの改善に効果がありますので、是非、試してみて下さい。

顔のしわは人の目にも触れやすい部位ですので、しわが浅い内に(真皮ジワになる前に)改善しましょう。
54 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【30代向け】40代ライターのスキンケアノウハウを全て伝授

【30代向け】40代ライターのスキンケアノウハウを全て伝授

20代の頃は意識しなかったけれど、30代になって肌の衰えを感じ始める人もいるのではないでしょうか?老化が進んでくる30代は、20代と同じケアのままでは肌に様々なトラブルが起こってくることが予想されます。そこで今回は、30代にターゲットを絞って美肌作りのためのメソッドを伝授します。
Rika | 1,044 view
秋冬スキンケアは、美容オイルで美肌キープ

秋冬スキンケアは、美容オイルで美肌キープ

 冷えと乾燥のせいで、肌のカサつきを実感していませんか?いつものスキンケアじゃ乾燥には物足りない人におすすめの美容法がオイルの投入です!今回は、美容オイルのメリットをはじめ、正しい使い方、注目の美容オイルなどの紹介をお伝えします。
Rika | 276 view
究極のグルテンフリー食材? やっぱりすごいお米の魅力

究極のグルテンフリー食材? やっぱりすごいお米の魅力

以前も、プチ実験を交えたグルテンフリーな食スタイルについて書きましたが、今回はグルテンフリーな主食材であるお米がテーマ! 新潟県で農業を営む、若手農業家の榎本庄太さんの話を交えながら、今一度、“米食”について考えたいと思います。
木川誠子 | 647 view
シミ消しメイクで自然に隠す!コンシーラーとメイク方法講座!

シミ消しメイクで自然に隠す!コンシーラーとメイク方法講座!

年齢を重ねるごとに気になる目の下のクマやしみ、そばかすなどのお肌の色ムラ…。いつの間にか顔にできているシミに悩んでいる女性は多いのではないでしょうか。そんな方の為にシミをキレイに消すメイク術と予防方法をお伝えしていきます。
バレンタインはチョコレート美容を満喫してみては?

バレンタインはチョコレート美容を満喫してみては?

2月になると気持ちは一気にバレンタインへ! 好きな人へチョコレートを贈るのも素敵だけど、自分へのご褒美としてもいいかも。アンチエイジング効果のあるカカオを摂って、美肌・美容効果も期待しちゃいましょう。スーパーフードを使ったチョコなんてのも紹介しちゃいます。
木川誠子 | 268 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

美肌ラボ編集部 K 美肌ラボ編集部 K